湯川漁港にミニキャンプ場を作ってみた

流木で作ったミニテーブルで焼き鳥弁当を食べる

2日目には流木を使ったミニテーブル作りに取り組みました。

作り方はいたって簡単です。

適当な長さの細い流木を4本集めて、ミニシャベルで砂浜に埋めます(※半分ぐらい)。

その後、荷造り用のヒモで直角ができるように木材を組み上げます。

後は、水平になっている板を浜辺から拾ってきて、載せると完成です。

ハセガワストアの焼き鳥弁当を食べる

出来上がった後、なんだか妙におなかが空いたので、近くのハセガワストアから焼き鳥弁当を買ってきました。

カラスがこっちをチラチラと見てねらっていましたが、木材を投げて撃退。

無事、ハセガワストアの焼き鳥弁当が食べられました。

やはり外で食べる食事はいいですね。

いつも以上に焼き鳥弁当がおいしく感じました。

ゴミはきちんと持ち帰る!

ちなみに、ゴミは一切出さずに持ち帰りました。

一部のマナーの悪い函館人のようにゴミ(※花火やペットボトルが多い)を捨てるようなことは絶対にしたくないからです。

せっかく美しい浜辺があるのに、自分勝手にゴミを捨てまくっている人が許せません。

 

この続きはこちらから読めます。

100円のブルーシートだけでミニテントを作ってみた