毎年3千人が消えてる?! 函館の人口が減り続ける理由 まとめ

函館新聞(1/12日)によると、平成30年の函館の人口は26万2519人。 前年と比べて2984人も減ったそうです。これで平成25年度から5年連続で約3千人の人たちが函館からいなくなっていることになります。 函館市はこの事態に対し、「人口減少への特効薬はない。」とし、「若年層を中心とした安定雇用の確保や都市機能の集約化による持続可能なまちの形成など」に優先的に取り組んでいくことを表明しています。 しかし、本当に人口減少への特効薬はないのでしょうか? そもそもなぜ毎年3千人が減っていくのか、その原因は何なんでしょうか?… 続きを読む

手榴弾発見で表面化した函館市と自衛隊とのブラックな関係

今月の8月4日、函館市中野町74の斜面で手榴弾が見つかり、住民が避難するという事件があった。 この日見つかったのは、全長10cm、直径5cmの「MK2」手榴弾。 陸上自衛隊が以前使っていた兵器で、現在も訓練で使われているものだ。 ニュースでは一切触れられていないが、この手榴弾は自衛隊員のうちの何者かが置いていったもの可能性もある。 下手をすると、近隣住民の命が奪われる危険極まる行為であることに違いないが、不思議なことに自衛隊からのコメントや謝罪はなく、函館市側からの追求や抗議も一切ない。… 続きを読む

函館 サイクリングロードの整備 いつ終わるの?

先日、サイクリングロード(緑園通り)を通っていたら、工事が行われていました。 ちょうど深堀小学校の向かい側にあたる場所で、まだデコボコの部分が残っているところです。 学生たちが夏休みに入って人通りが少なくなった頃を見計らって工事を始めたようです。 ただし、工事が進められるのは、わずかな距離でつづじ橋のあるところまで。 湯の川方面まではまだ当分、デコボコの道が続きそうです。… 続きを読む

函館の小中学校 なぜ耐震化してないの?

7月7日の朝日新聞デジタルによると、全国の公立小中学校のうち、1399棟が十分に耐震化されていないそうだ。 都道府県別では、沖縄県(90・0%)、福島県(94・1%)、富山県(94・3%)などがもっとも耐震化率が低く、北海道は95.9%とやや低い方にランクイン。 平成28年度に実施された文部科学省の調査結果(北海道 93.0%)からわずか2.9%のアップにとどまった。 函館市の小中学校の耐震化率は89.5%(平成29年度… 続きを読む

函館バスの現在位置 なぜ分からないの?

先日、朝新聞デジタルで衝撃的なニュースを見つけました。 そのニュースによると、最近では列車の現在位置をスマホアプリで見られるようになっているらしいです。 それも東京のような大都市の話ではなく、地方での話です。 函館でも同様のシステムがあれば、劇的にバスが乗りやすくなることでしょう。 雨や雪が降ってもバスがどこにいるのかがすぐに分かり非常に便利です。… 続きを読む

函館の情報 どこで手に入れる?

函館に移住する前、函館の情報がなかなか入ってこず、非常に困っていました。 その原因はローカル新聞として名高い「函館新聞」。 なんと、この新聞はネット上の情報も購読契約している人だけしか見られないのです。 そのため、函館の情報は一部のサイトやブログ、Twtterなどを通して得るしかありません。 とてつもなく不便ですが、函館以外に住んでいる人は我慢するしかなさそうです。… 続きを読む

函館で交通事故が頻発! 自転車で身を守る方法を模索する

最近、函館で交通事故が頻発しています。 6月20日には産業道路でトラックが自転車はねる事故があり、高齢者の方が重体。 6月19日には四輪バギーを運転していた男性が道路に投げ出されて死亡しました。 他にも七重浜や神山町で事故があったようです。 「函館は安全な街」だと思われがちですが、けっこう交通事故が多いようです。… 続きを読む